| WERDE OFFICE | CINEMA WERDE |

「パウロ・ローシャ監督特集 2023」開催

2023年2月24日(金)から3月4日(土)まで(日曜休館)、東京都千代田区神田駿河台のアテネ・フランセ文化センターにて、「パウロ・ローシャ監督特集 2023」が開催される。上映されるのは、ローシャを敬愛するペドロ・コスタ氏(『ヴァンダの部屋』、『ヴィタリナ』監督)が選んだ6作品とジョゼ・マヌエル・コスタ氏(シネマテッカ・ポルトゲーザ館長)が選んだ4作品に、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督とローシャ最後の愛弟子であるサムエル・バルボーザ監督によるローシャ関連作品を加えた13作品。料金は、1回券一般1.500円、学生・シニア1.300円、アテネ・フランセ文化センター会員1.000円、3回券3.000円(各回入替制)。詳細はオフィシャルサイトにて。

「パウロ・ローシャ監督特集 2023」オフィシャルサイト


「東京ドキュメンタリー映画祭 in Osaka 2023」開催

2023年2月25日(土)から3月3日(金)まで、大阪市淀川区十三本町のシアターセブンにて、「東京ドキュメンタリー映画祭 in Osaka 2023」が開催される。上映されるのは、「東京ドキュメンタリー映画祭2022」の受賞作品を中心に観客の支持を集めセレクトされた作品と大阪限定のスペシャルプログラム(詳細はこちら)。上映スケジュールはこちら、料金および会場へのアクセスはこちら。詳細はオフィシャルサイトにて確認のこと。

「東京ドキュメンタリー映画祭 in Osaka 2023」オフィシャルサイト
シアターセブン オフィシャルサイト


「イラン映画を福岡の宝物に(AIFM)」プロジェクト東京上映会
「モフセン・マフマルバフ監督作品セレクション」

2023年2月1日(水)から2月4日(土)まで、東京都千代田区神田駿河台のアテネ・フランセ文化センターにて、「イラン映画を福岡の宝物に(AIFM)」プロジェクト東京上映会「モフセン・マフマルバフ監督作品セレクション」が開催される。上映作品は、『タイム・オブ・ラブ』、『ワンス・アポン・ア・タイム、シネマ』、『サラーム・シネマ』、『パンと植木鉢』(四方田犬彦氏、市山尚三氏、ショーレ・ゴルパリアン氏によるトークが行われるほか、最終日には、アボルファズル・ジャリリ監督作『グリーン、ホワイト、レッド — イラン映画の歴史を求めて — 』の特別上映とモフセン・マフマルバフ監督のオンライントークも予定されている)。全作品デジタルリマスター版。料金は、1回券一般:1.200円、シニア・学生1.000円、アテネ・フランセ文化センター会員:800円、3回券一般、シニア、学生、会員共通2.400円。詳細はオフィシャルサイトにて。

アテネ・フランセ文化センター オフィシャルサイト





| WERDE OFFICE | CINEMA WERDE |

EasyJoho Ver1.1